わかばグループ広報誌
看護部紹介特定健診・特定保健指導血液透析 医師募集新卒看護師募集職員募集
鼠径(そけい)ヘルニア(通称「脱腸」)

鼠径(そけい)ヘルニア(通称「脱腸」)とは、腹膜や腸の一部が筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。鼠径ヘルニアは年令に関係なく起こりうる病気で、手術しか有効な治療方法がありません。
成人の場合は運動不足も含めてカラダの組織(股の付け根の筋肉)が弱くなることによって発症するケースがほとんどです。通常は痛みも特にありませんが、力んだ時などに股の付け根付近に膨らみが現れます。

大人のヘルニア
内鼠径ヘルニア
中年以降の男性に多く見られます。内ソケイ輪を通らず筋肉層(横筋筋膜)の断裂部から腹膜をかぶったまま、お腹の中の内容物(腸など)が出てくるソケイヘルニアです。
大腿ヘルニア
女性(特に出産後)に多く見られます。鼠径部よりやや大腿部寄りにある大腿管と呼ばれる管を通ってお腹の中の内容物が出てくるソケイヘルニアです。ソケイヘルニアの中では最も嵌頓しやすく、注意が必要です。
子供のヘルニア
外鼠径ヘルニア
内ソケイ輪(男性:睾丸にいく血管や精管が通う部分、女性:子宮円臍帯と血管が通う部分)の隙間から腹膜をかぶったまま、お腹の中の内容物(腸など)が出てくるソケイヘルニアです。男の子の精巣は、元々お腹の中にあり成長ともに袋の中に降りてきます。精巣が完全に袋の中におさまると通常、生まれる前に内ソケイ輪は狭くなり閉じてしまいます。生まれた後も閉じない場合にこのようなソケイヘルニアとなります。早期出産の場合に多く見られます。
ヘルニアをほっとくのは怖い! 嵌頓とは.

飛び出た脱腸(ソケイヘルニア)部分が、筋肉で締め付けられて戻らなくなった状態です。嵌頓状態になると、腸閉塞を起こして腸組織が壊死し命にかかわることがあります。
嵌頓になった場合、緊急手術が必要となりますので、すぐに病院を受診してください。

治療法について

成人の場合、自然に元には戻らないため、根本的治療法として、筋肉層に空いている穴をふさぐ手術しか治療法がありません。
ヘルニアバンド・脱腸帯で脱出部を圧迫している方がおられますが、この治療法で治ることはありません。その上、嵌頓の危険性もなくなりません。
小児の場合は、乳児期に発症した鼠径ヘルニアは幼児期までに自然治癒する場合があります。ただし、1~2年様子を見て改善がない場合、手術が必要となるケースが多いです。

当院で採用しているヘルニア根治術:クーゲル法について
  • 内側から人工の形状記憶シート(クーゲルパッチ)をあて、鼠径部の穴を補強するので、お腹に力をいれてもシートが折れ曲がることが少ない。
  • 鼠径部には5ヵ所の穴の広がりやすい部位が存在します。
    それをこの手術では一度にすべての部位を補強することができます。
    (別の種類のソケイヘルニアの予防的治療も一度で行えます)。
  • お腹の内側裏から人工シートを貼り付けるため、鼠径部の組織を壊さないというメリットがあります。
  • 傷が小さく、術後の違和感も少ないのが特徴です。
  • 再発率1%以下

手術後の傷について

クーゲル法では、恥骨と腸骨の中点を約2~3cm切開しシートを入れるため、他の手術法に比べて傷跡が小さく、早い段階で日常生活を送ることが出来ます


麻酔について
腰椎麻酔
腰に針を刺すことや術後歩行できるまでに数時間を要するため、デメリットが多く、希望がない限り基本的にこの麻酔方法は行いません。
全身麻酔
最も安全な麻酔のため、当院ではほぼ全例全身麻酔で行います。
局所麻酔
全身状態の良くない方に稀に実施することがあります。