Now Loading...

日帰り手術について

当院では、ソケイヘルニア(脱腸)、胆石(胆石症・胆嚢結石)、痔の日帰り手術を行っています。日帰り手術は、手術を行った当日に自宅へ戻り安静加療ができるため、精神的・金銭的負担が少なくて済みます。その上、体に負担の少ない手術方法を採用しているため、早期社会復帰が可能です。手術に関する具体的内容や、スケジュールに関しては受診時に医師にご相談ください。

当院の日帰り手術の適応疾患

日帰り手術のメリット

入院の煩わしさがない

当院では日帰り手術の適応を厳密に判定しています。
※心臓病等の重度の疾患がある場合、適応外となる場合があります)

日常生活のリズムをくずさずに手術が可能です

仕事が忙しい方でも、日帰りなので日常生活を変えずに過ごすことが可能です。
(重労働のかたは、術後2~4週間程度、軽作業に従事できるよう職場とご相談ください)

費用が安い

入院日数が少ないため、医療費の軽減につながります

日帰り手術の流れ

手術前

  • 1 総合受付・自動再来機で受付を行います。
  • 2 採血・レントゲン(MRI)撮影、心電図等の術前検査を行います。
  • 3 医師より手術内容・麻酔等についての説明を受けます。
  • 4 説明内容に同意いただき手術同意書に署名をお願いします。
  • 5 ご本人の都合を考慮し、手術日を決定いたします。

手術当日

  • 1 総合受付・自動再来機で受付を行います。
  • 2 当日の身体状況についてお伺いします。
  • 3 手術室に入室して麻酔を実施し、手術を行います。
  • 4 麻酔が覚めるまで、病室で回復・休養を行います。
  • 5 身体状況を確認して帰宅することに問題がないかを判断します。
  • 6 帰宅可能であれば、会計(お支払)手続きを行い、お帰りいただきます。

※術後の経過によっては、一泊入院になることがあります。 ※帰宅許可は、痛みが軽度であり、歩行、排尿、軽度の食事が取れることが条件となります。

手術翌日

  • 1 当院より術後状況を電話にて確認させていたします。

ページの先頭へ

copyrights © Shonan Wakaba Group. All rights reserved.