Now Loading...

透析センターのご案内

湘南わかばクリニックとして1993年に開設、2006年に新病院開設とともに透析ベッド数を35床に拡充し、透析センターとして病院内に移動しました。
当センターでは、医療依存度が高い患者さんに安心して治療が受けられるよう、通院透析、入院透析のどちらにも対応しております。月水金・火木土の2コースを設定しており、約3~5時間の人工透析を行います。

質の高い透析医療を提供しています。

医師、看護師、臨床工学技士が協力しあい、安全・安心な血液浄化療法を提供しています。また、薬剤師、栄養士、MSWと連携し、治療のみならず生活全般のサポートを心掛けています。
月に2回の血液検査に加え、定期的に心電図、胸部レントゲン、心エコー、腹部エコー、ABI、内視鏡検査を行い、合併症の早期発見に努めています。


透析センター

通院透析

血液透析療法(HD)を中心に、各種の血液浄化療法を各々の患者さんに合わせて行います。透析用の各ベッドには個人用のテレビを完備し、長い透析時間の緩和に役立てています。
また、管理栄養士による「透析食(有料)」を提供しており、美味しいと好評です。

入院透析

通院透析が困難なかたは、入院して透析を受けることができます。入院中は、透析を受けながらのリハビリ治療や、栄養状態の回復、病気怪我の治療など、複数の専門診療科や関連部門と連携し総合的な療養環境を提供しています。また、身体状態によっては、入院ベッドのままでの入室が可能であったり、病室で透析を受けることもできます。

★臨時透析を受け入れています。お仕事や旅行、帰省などで透析の希望のある方は透析センターまでご連絡をください。

ページの先頭へ

copyrights © Shonan Wakaba Group. All rights reserved.