Now Loading...

禁煙外来

メッセージ

禁煙外来担当長

「お医者さんと禁煙しよう」といったテレビCMもあり、禁煙外来のことをご存じの方も多いと思います。
2005年に、日本の9医学会による禁煙ガイドラインが発表され、喫煙が“喫煙病(依存症+喫煙関連疾患)”という全身疾患であり、喫煙者は“積極的治療を必要とする患者”という認識がされるようになりました。
2006年よりニコチン依存症の治療が一定の要件を満たした場合に保険適用となり、禁煙補助薬が処方出来るようになりました。
喫煙を放置すると、肺がんを始めとして、心臓病、脳卒中などの重篤な合併症を引き起こす可能性があります。
『禁煙しよう!』と思ったときが、治療開始です。

禁煙外来は、健康管理センターでの診察となります。

診療方針

喫煙状況とニコチン依存度を確認し、禁煙のためのアドバイス、禁煙補助薬の処方などを行います。禁煙治療では12週間が基本となっており、初回に、呼気中の一酸化濃度の測定等を行い、処方された禁煙補助薬を服薬し、禁煙補助薬の効果を確認していきます。
医師、薬剤師、看護師がチームとなって禁煙に取組めるように、様々なサポートを行っていきます。

治療費用(目安)

健康保険の適用の場合(3割負担) 自由診療の場合
約22,000円 約80,000円

下記の条件全てを満たせば、健康保険等を利用して禁煙治療を受ける事も可能ですので、自己流で禁煙に取り組むよりも、経済的負担が少なくて済みます。

  • A タバコ依存スクリーニングテスト(TDS)にて5点以上
  • B 一日喫煙本数×喫煙年数(ブリンクマン指数)が200以上
  • C ただちに禁煙することを希望している
  • D 治療プログラムについて説明を受け、該当治療を受けることについて文書で同意
  • E 前回の禁煙治療(治療開始日)から1年を過ぎている

 ※35歳未満にはBの要件は除外されます。

治療のスケジュール

通院1回目

  • ニコチン依存症かどうかの診断を行います。
  • 呼気の一酸化炭素濃度の測定を行います。
  • 禁煙開始日の決定と宣言を行います。
  • 健康状態の確認とアドバイス
  • 禁煙補助薬の選択と処方を行います。

通院2~5回目

  • 呼気の一酸化炭素濃度の測定を行います。
  • 健康状態の確認と禁煙継続のアドバイス
  • 禁煙補助薬の効果の確認、副作用などについて確認します。

禁煙補助薬について

禁煙補助薬は、主に2種類を用います。

  • 経皮吸収ニコチン製剤(貼付剤)は、サイズは大・中・小の3種類があり、大きさによって含まれるニコチンの量が異なります。通常は禁煙4週目までは大を、5~6週目は中、7~8週目は小を使用し、体内に吸収されるニコチンの量を徐々に減らしていきます。
  • バレニクリン酒石酸塩錠(錠剤)は、喫煙時のニコチン受容体との結合を阻害するお薬です。最初の3日間は0.5mg錠を1日1回、4~7日は1日2回、以降1mg錠を1日2回内服します。貼付剤よりも効果がある分、吐き気や便秘、うつ症状が現れることがあります。
  • スタッフ画像

    小川 英幸

    専門分野 虚血性心疾患
    末梢動脈疾患
    所属学会
    指導医
    認定医など
    • 医学博士
    • 日本内科学会認定医
    • 日本内科学会総合内科専門医
    • 日本循環器学会専門医
    • 人間ドック健診情報管理指導士

2018年4月1日現在

ページの先頭へ

copyrights © Shonan Wakaba Group. All rights reserved.