Now Loading...

ソケイヘルニアの手術について

ソケイヘルニア(脱腸)について

ヘルニア説明図

ソケイヘルニアとは、腹膜や腸の一部が筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。ソケイヘルニアは年令に関係なく起こりうる病気で、手術のみが根治可能な治療方法です。
成人の場合は運動不足も含めてカラダの組織(股の付け根の筋肉)が弱くなることによって発症するケースがほとんどです。通常は特に痛みもありませんが、りきんだ時などに股の付け根付近に膨らみが現れます。

ヘルニアの種類

大人のヘルニア

大人のヘルニア

  • 内ソケイヘルニア 中年以降の男性に多く見られます。内ソケイ輪を通らず筋肉層(横筋筋膜)の断裂部から腹膜をかぶったまま、お腹の中の内容物(腸など)が出てくるソケイヘルニアです
  • 大腿ヘルニア 女性(特に出産後)に多く見られます。鼠径部よりやや大腿部寄りにある大腿管と呼ばれる管を通ってお腹の中の内容物が出てくるソケイヘルニアです。ソケイヘルニアの中では最も嵌頓しやすく、注意が必要です。

子供のヘルニア

子供のヘルニア

  • 外ソケイヘルニア 内ソケイ輪(男性:睾丸にいく血管や精管が通う部分、女性:子宮円臍帯と血管が通う部分)の隙間から腹膜をかぶったまま、お腹の中の内容物(腸など)が出てくるソケイヘルニアです。男の子の精巣は、元々お腹の中にあり成長ともに袋の中に降りてきます。精巣が完全に袋の中におさまると通常、生まれる前に内ソケイ輪は狭くなり閉じてしまいます。生まれた後も閉じない場合にこのようなソケイヘルニアとなります。早期出産の場合に多く見られます。

ヘルニアを放っておくのは怖い!嵌頓とは

嵌頓

飛び出た脱腸(ソケイヘルニア)部分が、筋肉で締め付けられて戻らなくなった状態です。嵌頓状態になると、腸閉塞を起こして腸組織が壊死し命にかかわることがあります。
嵌頓になった場合、緊急手術が必要となりますので、すぐに病院を受診してください。

治療法について

成人の場合、ヘルニアバンド・脱腸帯を使用しても自然に治ることはなく、根本的治療法として、筋肉層に空いている穴をふさぐ手術しか治療法がありません。
小児の場合は、乳児期に発症した鼠径ヘルニアは幼児期までに自然治癒する場合があります。ただし、1~2年様子を見て改善がない場合、手術が必要となるケースが多いです。

当院で採用している「ヘルニア根治術(クーゲル法)」について

ヘルニア根治術(クーゲル法)

内側から人工の形状記憶シート(クーゲルパッチ)をあて、ソケイ部の穴を補強するので、お腹に力をいれてもシートが折れ曲がることが少なく、ソケイ部の組織を壊さないというメリットがあります。
ソケイ部には5ヵ所の穴の広がりやすい部位が存在しますが、すべての部位を補強することができます。
お腹の内側裏から人工シートを貼り付けるため、再発率は1%以下と低く、傷が小さく、術後の違和感も少ないのが特徴です。当院では、患者さんの安全を第一優先に考え、全身麻酔での手術を行っています。

手術後の傷について

ヘルニア

クーゲル法では、恥骨と腸骨の中点を約2~3cm切開しシートを入れるため、他の手術法に比べて傷跡が小さく、早い段階で日常生活を送ることが出来ます。

ページの先頭へ

copyrights © Shonan Wakaba Group. All rights reserved.